設計・デザイン・
間取りのこだわり

  • TOP > 
  • 設計・デザイン・間取りのこだわり

design floorplan

御殿場・小山・裾野で注文住宅の建築を手がける「Dairyu Home」は、お客様と共に家づくりを進めるパートナーになりたいと考えています。だからこそ、家を建てた後に「もっとこだわりたかった」と後悔していただきたくないのです。そのため、「Dairyu Home」はいつでも親身になってお客様に接し、家族の“幸せ”をつくる家づくりを提案しています。こちらでは家づくりの設計・デザイン・間取りにおけるこだわりを紹介します。

家づくりへの想い

家づくりへの想い

私たちは、これまで数多くのお客様と共に自然素材の家づくりを行ってきました。家づくりの際には、さまざまなお話をさせていただきますが、いつも感じるのは「お客様一人ひとり、そのご家庭ごとのストーリーがある」ということです。自分のため、愛する家族のため……家とは「家族が集う大切な場所」であり、「家族の想いが詰まった場所」だと実感します。

だからこそ、私たちは家づくりを通してお客様の“幸せ”をつくりたいと考えています。それが私たちの想いであり、使命です。そのため、「Dairyu Home」ではすべての家づくりを自社職人が手がけます。確かな技術を持つ職人が、一棟一棟、手間を惜しまず丁寧に、真心を込めて施工。職人自身がお客様としっかりコミュニケーションをとりながら建築作業に従事します。外注による技術のバラツキもありません。

ただ「家を建てる」のではなく、家族の想いをカタチにして“幸せ”をつくっていく――それが「Dairyu Home」の家づくりです。

「Dairyu Home」の家

「Dairyu Home」の家
  • 自由設計による注文住宅
  • 住みやすさと家事動線を重視した間取り設計
  • 自然の風と光を取り入れた快適で安心の住まい

「聞く」を重視して未来をデザイン

家づくりをスタートするとき、「Dairyu Home」ではお客様に「たくさんお話ししてください」と伝えています。なぜなら、お客様のお話の一つひとつに「家族の幸せ」につながるヒントがあるからです。ライフスタイルや趣味のこと、好きな色、ご家族の思い出話もすべてが家づくりにつながります。

「これから先、家族の将来はどうなっていくだろう?」という未来の話や、夢についてもぜひ聞かせてください。長く暮らす家だけに、先々まで快適に幸せに暮らせる住まいを一緒に考えていきましょう。

また、「Dairyu Home」は地域密着型の工務店のため、地域情報にも精通しています。エリアの良いところはもちろん、家づくりにおいて注意していただきたいと感じることも含め、地元企業ならではのアドバイスもお任せください。「Dairyu Home」は家づくりの理想やこだわりをじっくりと伺いながら、ご家族の未来をデザインします。

「Dairyu Home」が重要視する“パッシブデザイン”

私たちは「断熱性能の高さ=快適さ」ではないと考えています。断熱性は快適さを生むための一つの要素にすぎません。夏は涼しく冬は暖かい、自然の光と風を取り入れることができる。そんな快適な住まいをつくるために、「Dairyu Home」では“パッシブデザイン”を重視しています。

パッシブデザインとは?

パッシブデザインとは?

エアコンなどの機械にできる限り頼らずに、太陽の光や熱、風など自然エネルギーを取り込んで一年中快適な住まいをつくる設計の考え方や手法を「パッシブデザイン」と言います。

パッシブデザインのメリット

季節ごとに気温や湿度が大きく変化する日本では、パッシブデザインによるさまざまなメリットが得られます。夏・冬のエアコン使用量を最小限に抑えられれば、快適であることはもちろん、光熱費の削減も期待できるでしょう。実際にパッシブデザインハウスは、一般的な省エネ基準の家にくらべて約3割の光熱費削減が可能だというデータもあります。

また、家中の温度差をなるべく少なくできることも大きなメリットでしょう。たとえば浴室やトイレなど、冬場に冷え込みやすい部屋でも、屋内の温度差を2度前後に保つことができます。快適であることはもちろんですが、ヒートショックなどの温度差による健康被害を防ぐことにもつながります。

  • 冬

    「窓」と「断熱材」をデザインし、住まいの断熱を最適化。太陽の熱を効率的に採り込み、暖かな室内をつくります。

  • 夏

    太陽熱をしっかり防げるように、庇やルーバー、窓の日よけなどをデザイン。効率的な日射遮蔽により、涼しい室内をつくります。

  • 通年

    通年

    吹き抜け、窓のバランス、欄間など、あらゆる設計・デザインを検討して屋内への導光をデザイン。室温にも配慮しながら自然の光を効率よく取り込んで、明るい室内をつくり出します。

パッシブデザイン5つのデザイン

  • その1:断熱デザイン

    その1:断熱デザイン

    外気の熱を室内に伝えにくくし、室内の熱を外に逃がしにくくするための工夫です。夏は涼しく、冬は暖かいという快適さをデザインするためには非常に重要なファクターと言えます。

  • その2:日射遮蔽のデザイン

    その2:日射遮蔽のデザイン

    窓から入る日射を少なくするために庇をデザインするなど、主に「夏を涼しく」を実現します。冷房コストの削減にもつながります。

  • その3:自然風利用のデザイン

    その3:自然風利用のデザイン

    自然の風が家にしっかり入ってくるように、空気の流れを考えて窓の配置などをデザインです。自然の風が入る家では、エアコンなどの機械にはない快適さを感じられます。

  • その4:昼光利用のデザイン

    その4:昼光利用のデザイン

    太陽光を効率よく取り込むためのデザインです。昼間は照明器具に頼らなくても十分明るい空間になるよう、窓の配置などを工夫します。

  • その5:日射熱利用暖房のデザイン

    その5:日射熱利用暖房のデザイン

    日中に窓からなるべく多くの太陽熱を取り入れ、その熱を夜間の暖房に活用する手法です。うまくデザインすることで、1日のうちの室温変動を抑え、快適性・省エネ性アップにつながります。

御殿場、小山、裾野で注文住宅をご検討の方へ

パッシブデザインは、どれか一つだけで快適さが得られるというものではありません。単純に高気密・高断熱だけを目指すと、かえって夏の暑さが厳しい家になってしまうことも往々にしてあります。大切なのは5つのデザインのバランスを整えることです。そして、快適さにつながるバランスは、その地域の気候や土地の立地、周囲の環境などによって異なります。

たとえば、「Dairyu Home」がある静岡県は、海岸に近い地域は海洋性気候、標高の高い地域は内陸性気候と同じ県内でも地域によって気候特性が異なります。こうした地域の特性を把握したうえで、5つのデザインをバランスよく組み合わせることが大切です。そうして光や熱、風といった自然のエネルギーを最大限に活用できる家をつくるのがパッシブデザインの本来の在り方と言えるでしょう。